高校生の頃は恋人もいて、結構楽しい生活を送ることができていました。
高校2年のときに、一つ年下のこと付き合っていたのです。
彼女との関係は三年生まで続き、デートなど頻繁に出掛けて楽しい日々を送っていたのでした。
卒業を機会に別れることにしたのですが、キャンパスに入ったらもっとステキな出会いだってあるに違いないと思っていました。
高校と違ってキャンパスは人数が全く違いますから、絶対に新しい出会いだってみつける事ができるって感じがしていたんです。
大学生活を恋人共に思いっきり楽しんで行こう!という気持ちがありました。
自分が卒業とともに別れると言い出しても、比較的素直に聞き入れてくれたので、ますます明るい未来が待っているような気持ちになっていたのです。
高校と違って開放的なキャンパス生活は、本当に憧れだったのです。
大学生活の始まってほんとにウキウキワクワクとした気分で日々を過ごしていました。
友達もできたし楽しいことばかり、だけど一つだけ…彼女ができないのです。
こんなにたくさん女性たちがいるのにもかかわらず、なぜか自分には相手をみつける事ができませんでした。
キャンパスの友達たちは順調に彼女を作ってデートやセックスを楽しんでいるようで、焦る気持ちが強くなってしまったのでした。
自分だって高校の時は彼女がいたんだから、大学でできないはずがないと思っていたのに、その気配すら感じられなくなってしまったのでした。
たちまち強力な欲求不満が襲ってきて、毎日オナニーで性処理をするようになっていきました。
合コンにだって出席するしコンパになってちゃんと顔を出しているのに、友達付き合いだってちゃんとやっているのに、出会いのチャンスが全く訪れませんでした。